水の知識

RO水とは?天然水との違いって?

ウォーターサーバーの説明などを見ていると、RO水という言葉を見かけると思います。
RO水とはどんな水のことなのか、まとめました。

RO水とは?

RO水とは「RO膜(逆浸透膜)」というものを使ってろ過した水のことです。

「RO膜(逆浸透膜)」とは、とても目の細かい膜のことで、0.0001ミクロンという細かさです。

水の分子よりも大きい不純物を取り除くことができるので、水に含まれる有害物質なども、ほぼ除去されます。

RO膜で除去される不純物や有害物質
  • ウイルス
  • ダイオキシン
  • ヨウ素などの放射性物質

残留塩素やサビなどのRO膜以外のフィルターでも除去できるものは、表には記載していません。
RO膜は一般的なフィルターで除去されなかった細かい物質までろ過することができるので、最終的に約99.9%の不純物が除去された安心で安全な水を作ることができます。

はなこ
はなこ
RO膜でろ過した水はピュアウォーターとも言い、赤ちゃんのミルク用の水などとして販売されていますね。

硬度は

水は含まれるミネラルなどの量によって、硬水と軟水に分かれます。
一般的に日本の水道水は軟水ですので、日本人になじみがあるのは軟水です。

RO水をウォーターサーバーの水として使用する場合、ろ過した水に新たにミネラルを加えることが多いですが、その場合もほとんどは軟水です。

RO水をピュアウォーターとしてそのまま使用する場合はもちろん、H2O以外の成分は含まないため、水の硬度は軟水です。

「硬水」と「軟水」の違いを知って賢く使い分け!市販の水の種類は?「硬水」と「軟水」の違いと、それぞれの特徴や使い分けの方法を紹介します。 市販の水の種類もまとめました。...

天然水との違い

天然水はその名の通り天然の水のことです。
有名なのは、富士や北アルプス、南阿蘇などがありますね。

ウォーターサーバーの水や市販されている天然水は、各地の水源地からくみ上げられた水をろ過し、細菌やバクテリア類を除去して、含まれるミネラルなどの成分はそのままに安心して美味しく飲める水のことです

地域によって含まれている成分が違うため、味も微妙に違ってきます。

結論

RO水はとても細かい膜でろ過した、不純物や有害物質をほとんど含まない水の事で、ピュアウォーターとも言います。

天然水とは各地の水源からくみ上げられた水を、体に良い成分は残して安全に処理した水のことです。